HOME > コラム

コラム

◆採光装置としての踊り場活用 福岡市東区注文住宅会社


動画にて掲載しています。

https://youtu.be/Trp_v6P5ub4




東側、南側、に隣接する住宅や、道路等がある場合、プライバシーの確保と、日照の確保を両立したい場合の考え方です。


7iyotake_uchiawase.jpg


福岡市  東区  箱崎  7  -  2  -  1 4  k i y o t a k e  ビ ル
株 式 会 社  清 武 建 設 内 《 家づくり相談カウンター福岡 》
電話 0 1 2 0 - 0 1 - 5 0 4 0 ( 火 水 GW 盆 正月 定休 )

ホームページ
http://kiyo.jpn.com/ 

◆筑紫野市注文住宅設計・自由設計・室内完成事例


筑紫野市注文住宅設計・自由設計・室内完成事例 


【リビングより和室を眺める】
◆桜の無垢材の床
◆無垢梁あらわしで、天井高さを2.7M確保。
◆奥の和室と一体的に利用できます。

aldkwatikushinonaka0212.JPG


【和室よりリビングを眺める】
◆ヘリなしの琉球風タタミの和室。
◆シンプルモダンな和室は、リビングと一体的に利用しても違和感なく使えます。

atikushinonaka0042.JPG


【玄関】
◆家族用と来客用の別々にアクセスできる玄関。
◆シューズクロークは、豊富な収納量があります。
agennnkannshuunoutiokushinonaka0012 .JPG

anakanotokushino0102.JPG 



福岡市  東区  箱崎  7  -  2  -  1 4  k i y o t a k e  ビ ル
株 式 会 社  清 武 建 設 内 《 家づくり相談カウンター福岡 》
電話 0 1 2 0 - 0 1 - 5 0 4 0 ( 火 水 GW 盆 正月 定休 ) 
 

ホームページ
http://kiyo.jpn.com/
 



◆免震工法 制震工法 福岡市工務店(一級建築士事務所)(株)清武建設


≪免震工法のご案内≫

福岡市東区箱崎7-2-14 一級建築士事務所  (株)清武建設

連絡先:0120-01-5040 (火水定休)
mennshinn0.jpg menshinn3.jpg mennshinn1.jpg 
お客様のご希望プランに合わせた、免震システムをご提案致します。




≪制震工法のご案内≫

 
オイルダンパにて地震力を吸収する仕組みです。
水鉄砲で水を発射するイメージで考えると分かりやすく、
水鉄砲をゆっくり押すとあまり抵抗なく水が発射されますが、速く押せば押すほど、
また水の出る孔が小さければ小さいほど抵抗を強く感じます。

水に代わるオイルが、ピストンの小孔を通過する時の抵抗力により減衰力が働きます。
地震で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収して家屋の揺れを抑え、
地震による被害を最小限にすることができます。 

seishinnimage016.jpg
筑前町k様邸 設計施工(株)清武建設



福岡市東区箱崎7-2-14
(株)清武建設 一級建築士事務所 
http://kiyo.jpn.com/ 




◆福岡市東区和白丘新築住宅 太陽光発電部材の違いについて


【 太陽光発電の部材の違いについて】 

福岡市東区和白丘Y様邸の新築住宅(注文住宅)において、
太陽光発電パネルを設置しています。


平成29年8月25日 太陽光パネル設置工事状況 

a2yoshitaiyoukoukadai0015.JPG 

◎一般的な太陽光発電の部材は、スチール製が多いですが、
軽量で、さびにくい、アルミ製の架台(太陽光パネル固定のタテヨコのアルミ製レール
及び架台を固定する為のアルミ瓦を使用しています。  


a3yoshintaiyoukou0009.JPG 


◎ソーラーパネル設置状況

ataiyoukouwazirooka0013.JPG


上記物件(福岡市東区和白丘Y様邸)の
地鎮祭~完成までの工事過程写真は、下記に掲載しています。
http://blog.goo.ne.jp/kiyotakekennsetu/e/947c4a9c075b4df0194f15325d78c047



 1kiyotakeuchiawase.jpg

(株)清武建設 一級建築士事務所  創業1968年 
設計室: 福岡市東区箱崎7-2-14  木工所: 朝倉郡筑前町957
電話 0120-01-5040 火・水・定休
工事過程写真集  http://kiyo.jpn.com/kouzirei.html
清武建設ご案内   http://kiyo.jpn.com/ 

 





◆福岡市の建築士のみ工務店と家づくりを楽しむ。



(株)清武建設の家づくり

建築士スタッフと一緒に考え、実現する、生活を楽しむ空間づくり

abntikushino0065.JPG

(筑紫野市の家)

anakanikaiitoshimaribinngu0015.JPG

(糸島市の家 

ahanmokku1407.JPG
(福岡市西区の家 



私達が、家づくりという仕事をさせていただく上で、最も『やりがい』を感じる事は、『あれがしたい』、『これがしたい』というお客様の夢が実現する事、生活をenjoy(楽しむ)空間が実現する事です。

とはいえ、予算と折り合わないケースがある事も事実です。そういう場合でもお客様とのお話を十分お聞きした上で妥協点を見いだし、代案を提案、満足いただける家を提供しています。

 

家づくりの過程においては、室内イメージ、外観イメージを把握しやすい3次元のCG画像も作成していますが、工事中でなければ分かりにくい部分もあります。例えば、棚の枚数、その位置、ハンガーパイプの高さ、壁内収納(ニッチ)、照明の位置、コンセントの位置、スイッチの位置、手摺の高さ、屋外と玄関先の段差など、体感いただいてから、初めて認識できる事も多いです。その為、工事過程の現場状況を見ていただき、細かな説明、現状確認により、これからの工事内容の修正や変更も可能にしています。
 

そして、家づくりにおいて、もう一つ大切な事は、資金です。
複数の金融機関において、お客様にとって最適な住宅ローンは何か、ご親族からの資金援助がある場合の贈与税との兼ね合い、あるいは、将来における相続税から考えられる資金援助の最適な方法も、弊社提携の様々なエキスパートとの連携により、提案致します。安易に持ち家を取得する事によって、相続税が発生した場合の納税額の負担が増えるケースがあり、場合によっては、住宅を所有しない方が良い場合や、当初予定の建築費用を超えても二世帯住宅を選択された方がよいケースもあります。お客様、ご親族にとっても、最適な提案を清武建設ではおこなっています。

 

住宅ローン、引っ越しまでに必要な登記費用や火災保険、申請費用etcも含めた、家づくりに必要な総額を提示し、家計負担が少ない事をしっかりと把握し、相談いただければ、家計負担における無駄な出費(保険の見直しも含む)を抑えてもよい場合があり、解決の上で建築させていただきます。
 

福岡市内、その周辺地域の密集地では、プライバシーを確保する事は重要で、防犯的な観点からも閉鎖的な空間になりがちです。しかし、そのような空間でも、窓から見える緑、自然素材、天然素材による『自然との繋がり』、『地域コミュニティーとの繋がり』、『家族との繋がり』、様々な繋がりによって、人は『豊かさ』を感じるものだと思います。唯物的な観点からの『豊かさ』は限界があり、お客様の価値観、お客様の様々な状況により、感じ方は違いますが、『豊かさ』を感じる家づくりを追求します。
 

家づくりにおいて、様々な問題が目の前にあったり、計画段階で、待ち構えているかもしれません。しかし、私たちと一緒に、様々なハードルを乗り越え、家づくりをenjoyしましょう。家づくりのプロである建築士に是非ご相談ください。お客様との家づくりを楽しみにしている建築士が待っています。

abamuratikutyuunikai0478.JPG
(筑紫野市紫の家) 


atyuunikaiwoldkkasuga0090.JPG
(春日市の家)  

adoiyoshifuku0189.JPG
(福岡市東区の家)   

kiyotakesutaffu 4 .JPG 

(株)清武建設 一級建築士事務所  創業1968年 
設計室: 福岡市東区箱崎7-2-14  木工所: 朝倉郡筑前町957
電話 0120-01-5040 火・水・定休
工事過程写真集  http://kiyo.jpn.com/kouzirei.html
清武建設ご案内   http://kiyo.jpn.com/ 


 


◆福岡市の建築士のみ工務店と家づくりを楽しむ。の続きを読む

◆不動産に関する 「税」 無料 相談窓口 ◆福岡市東区




kiyotakekensetuzeisodann.jpg

【 不動産に関する 「税」 無料 相談窓口 福岡市東区】




《ご相談の対象の方》

●相続税対策をご検討の方、(弊社は建設会社ですが建設の予定のない方もご相談ください。)

贈与税、相続税も考えて家づくりをご検討の方、


様々な税との関係を、
弊社建築士スタッフ、税理士、司法書士、弁護士とタイアップし、
無料相談をおこなっています。



《ご相談によるアドバイス例》

●住宅を建設する場合、建設資金の贈与を受けた方が、相続税の負担が少なくなる、

●2世帯住宅にすると、相続税の負担が少なくなる、

●親と別世帯の持ち家を取得すると、相続税の負担が増える、

●あらかじめ相続税対策として土地を売却する、

●あらかじめ相続税の納税額を把握し、現金を準備する、

●賃貸住宅を建設する、(空家問題が顕在化し安易な計画はオススメしていません。)

etc、様々な対策が必要です。お気軽にご相談ください。



福岡市  東区  箱崎  7  -  2  -  1 4  k i y o t a k e  ビ ル

株 式 会 社  清 武 建 設 内 《 不動産に関する 「税」 無料相談窓口 : 福岡 》

電話 0 1 2 0 - 0 1 - 5 0 4 0 ( 火 水 GW 盆 正月 定休 )




 《税に関する現状等 H29年度》

相続税は、相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に申告する必要があります。
急な出来事で、不動産を相続した場合、手持ちの現金がなく、不動産を急いで売却し、
納税される方も多いと聞きます。 そのような事態にならない為に、
利用していない不動産は、早めに売却する、
あらかじめ納税額を予想し、納税できる現金を蓄えておく、

etc、事前対策が必要です。


◆生前贈与による相続税対策

 基礎控除相続税

 基礎控除相続税を減らし、財産を受け継ぐためには、生前贈与をおこない、
年間1人当たり110万円は贈与税の基礎控除があります。
例えば、年間110万円を配偶者と2人の子供に10年間贈与した場合、

3(人)x110(万)x10(年)=3300万円 になり、

3300万円を無税で贈与できます。
(定額贈与とみなされ、贈与税を課税される場合があり、年ごとに贈与額を変える事が必要。) 



 配偶者控除 (H29年度の場合)

居住用の財産を婚姻20年以上の配偶者に贈与した場合には、配偶者控除があり、
配偶者控除2000万 + 110万円(Ⅰ基礎控除) までは贈与税の課税がありません。


 相続時精算課税制度 (H29年度の場合)

相続時精算課税制度を利用すると、住宅取得資金であれば2500万円までが非課税となります。


 住宅取得資金等非課税制度 (H29年度の場合)

直系尊属である両親、祖父母などから住宅取得資金として贈与を受けた場合に、
一定の金額が非課税(平成29年度中の契約締結で最高1,200万円)となる制度。
この制度は、単独で使う事も、相続時精算課税制度と組み合わせて使う事も可能です。
相続時精算課税制度と組み合わせて使った場合の計算は、
非課税枠1,200万 + 基礎控除110万 + 相続時精算課税制度2,500万 = 3,700万
平成29年中の契約締結で最高3,700万円まで贈与税が非課税となります。


◆小規模宅地等の特例

被相続人と同一生計親族(相続人)が、事業用や居住用に使っていた宅地に、
多額の相続税が課税されると、遺族(相続人)の生活に大きな支障が生じてしまいます。
それを防ぐために設けられた特例として、「小規模宅地等の特例」があります。

その特例は、居住用宅地で330㎡までは、評価額が80%減額されます。
同族会社事業用宅地は400㎡までは、評価額が80%減額

しかし、相続人が他に自己所有の宅地(持ち家)を持っていた場合は、
「小規模宅地等の特例」を受けれません。

事前に把握し、不要な敷地部分(居住用宅地330㎡を超える部分等)があれば、
既存建物が建築基準法上の建ぺい率、容積率を満たす事を確認した上で、
敷地の一部を分筆し、売却する事もひとつの選択です。

(清武建設にて無料相談できます。)



◆相続税の計算例

① 土地評価額 1億(10、000万)
② 「小規模宅地等の特例」 ▲10,000万x0.8(80%) = 8,000万
③ 家屋評価額 600万
④ 預貯金 1,000万
⑤ 基礎控除 ▲3,000万+600万x相続人の数(1人) = 3,600万
①~⑤ の合計 0万 (相続税なし)




◆二世帯住宅の検討(相続税がかからないケース)

土地は被相続人所有で、建物の区分所有をおこなわず、
被相続人と、相続人が共同で所有する2世帯住宅の場合は、
「小規模宅地等の特例」 を受けれます。

基礎控除を超える資産(土地)でない場合は、
相続人が持ち家を所有しても相続税は発生しませんが、
資産価値の高い土地において、小規模宅地の特例を受けて、
2世帯住宅をご計画の方、清武建設にて無料相談できます。




福岡市  東区  箱崎  7  -  2  -  1 4  k i y o t a k e  ビ ル
株 式 会 社  清 武 建 設 内 《 不動産に関する 「税」 無料相談窓口 : 福岡 》
電話 0 1 2 0 - 0 1 - 5 0 4 0 ( 火 水 GW 盆 正月 定休 ) 



◆階段特集・福岡市東区・工務店・建築設計 日照条件を改善する。


【日照条件を改善する階段の工事例】


階段を、リビングの中に設けるか?玄関ホールに設けるか?あるいは、リビングを通ってから廊下に行き、そこに階段を設けるか?階段の位置は、間取りに大きく影響します。

密集地に建築する場合は、日照条件を改善する為の吹き抜け部分に階段を設けた場合が良く、
通常の階段室では、あまり日照条件が改善されない理由もあって、弊社では、広い踊り場を設けて、吹き抜け部分の面積を広くした階段の設置をおこなう場合が多いです。(下記写真)


abkyorityuunikaitate.JPG
(筑紫野市M邸:清武建設一級建築士事務所 設計施工)

akasugakaidann0101.JPG
(春日市M邸:清武建設一級建築士事務所 設計施工) 

abntikushino0065.JPG
(筑紫野市N邸:清武建設一級建築士事務所 設計施工) 




住宅全体の面積に余裕があり、遊びの空間が、家全体の余裕につながるという考え方で、かつ、日照条件の改善をおこなう場合は、オープン階段も良いです。(下記写真)

akaidann0038.JPG

(うきは市S邸:清武建設一級建築士事務所 設計施工)  



(株)清武建設/清武一級建築士事務所
福岡市東区箱崎7-2-14(設計事務所)
朝倉郡筑前町栗田957(木工所)

連絡先 0120-01-5040
(火・水 はお休みです。)


http://kiyo.jpn.com/ 
 






◆福岡市西区 注文住宅設計 吹き抜け ハンモックチェア   



【福岡市西区 注文住宅設計 吹き抜けにハンモックチェア を


 取り付けとりつけととお引越し後撮影。 ↓ 
(足を床面に接地し、ブランコのように前後に揺らす事ができる「ハンモックチェア ちぇ」です。)

ahammmokku406.JPG

ahanmokku1407.JPG

◆お引越し前撮影。 ↓
(2階ホールより眺める吹き抜け部分。「梁」に「ハンモックチェア」を吊るします。)
afukinukeldknishikuimadu0039.JPG
 
◆お引越し前撮影。 ↓
(写真左側の「梁」に「ハンモックチェア」を吊るします。)
afukinukealdknishikuimazumatu0032.JPG


 (株)清武建設/清武一級建築士事務所
福岡市東区箱崎7-2-14(設計事務所)
朝倉郡筑前町栗田957(木工所)

連絡先 0120-01-5040
(火・水 はお休みです。)

http://kiyo.jpn.com/ 

工事過程ブログ
http://kiyo.jpn.com/kouzirei.html 
 
 



◆福岡市・住宅設計・玄関収納・土間収納・シューズクローク


【玄関収納・土間収納・シューズクローク 555 


◆久山町T邸 

aahisayamadomashuunouta0031.JPG 

「家族用」と「来客用」の玄関からの動線をゾーン分けしています。 ↑

ahisayamagennkanshoonou0018.JPG

「家族用」スペースに,可動棚、「来客用」スペースに,シューズBOXを設置。 ↑ 


  

◆福岡市西区今津M邸 
 

aadomashuunou0085 .JPG

 アールの開口部分が印象的です。 ↑



◆福岡市西区姪浜Y邸  

ashuzukuroku01221.JPG

2世帯住宅の為、豊富な収納量を確保しました。 ↑




◆福岡市東区土井Y邸

  
aadoiygennkanyoshi0252.JPG

ご年配のご家族用に「家族用」と「来客用」のそれぞれのゾーンに、手摺も設置。 ↑



 ◆福岡市東区美和台Y邸
 

amiwadomkashunoiugennkann0045.JPG

玄関部分の階段下に、収納を設置した例。ベビーカーも入ります。



玄関横に土間収納(シューズクローク)があると便利です。

◆ジャケット・コート・帽子を掛ける。
◆客人用スリッパが不要な時はこの棚に収納する。
◆ブーツや長靴はその長さに合わせて棚板を移動できる。
◆雨ざらしになりがちな、ヘルメット。
◆ベビーカー。
◆子供用自転車。
◆サーフボードやアウトドアグッズ。

シューズ以外にも、多用途に使えます。

 

 

(株)清武建設/清武一級建築士事務所
福岡市東区箱崎7-2-14(設計事務所)
朝倉郡筑前町栗田957(木工所)

連絡先 0120-01-5040
(火・水 はお休みです。)

http://kiyo.jpn.com/ 



 


◆福岡市東区・瓦屋根の歴史・メリット・デメリット・金属・板金・スレート屋根


【屋根材の歴史と特性】

aa4dharadagaikan0009.JPG  aa2mini aikkannmasu0204.JPG 
 瓦が特徴的な 清武建設 設計及び工事例。



日本で最初に使われた「瓦」は、「蘇我馬子」が造った「飛鳥寺」で、寺院建築とともに渡来したそうです。

住居は、「草葺」、「板葺」で、延焼すると、すぐに街中が火の海になってしまい、住居での「瓦」は、江戸時代の城下町から使われ始めたようです。

近年は、「金属葺・板金屋根」、「スレート葺・コロニアル屋根」が多くなりましたが、それらの屋根材は厚みが薄く、平滑面を確保する「合板」の上に貼らなければなりません。その合板を、屋根一面に貼ると、小屋裏は、「ホルマリン」の匂いで、充満し、個人差はありますが、気分が悪くなる方も多いようです。

「合板」は、薄い板を、複数枚、「接着剤」で貼り合せますが、「接着剤」が劣化すると、「合板」の強度が下がる為に、接着剤の防腐剤として、「ホルマリン」を添加しなければならず、「合板」の主な匂いは、「ホルマリン」の匂いになります。

しかし、その「ホルマリン」は、医療では、「消毒薬」として使用され、「ダニ」が、発生しにくいメリットがあり、床材の一部分には、「合板」を少しだけ使用した方が、防ダニ効果あるという考えもあり、賛否両論です。

弊社で、最も使用する事が多い、「瓦」は、厚みがあり、瓦の下が、少々凹凸が発生する、本物の木材、「杉板材」を使用できる為、「杉板材」の木の香りが充満する小屋裏になります。

「瓦」は、「金属葺・板金屋根」、「スレート葺・コロニアル屋根 」のように、薄い素材ではなく、平滑面を確保する為に必要な、「合板」の上に貼る必要はありません。

また、「瓦」の特性として、粘土を焼いて作られる「陶器」の為に、われない限り、メンテナンスは不要で、10年後?、15年後?他の屋根材のように、塗装する必要はありません。

しかし、住居の上に、重い材料の「瓦」があると、地震の場合、心配だと思う方が多いと思いますが、昔の「和瓦」は、確かに落ちやすかったのですが、近年使用する(清武建設でも使用する)「防災陶器瓦」は、複数枚の「瓦」を重ね合せて取り付けており、簡単には落ちにくく、また、台風時でも外れにくい仕様になっており、安心です。

また、屋根部分に、「瓦」を使用する場合、その荷重に合わた「耐力壁」の設置が必要になり、軽い屋根材の「金属葺」「スレート葺」と、重い屋根材の「瓦葺」では、「耐力壁」の設置量が変わり、重い屋根の方が、「耐力壁」を多く設置する内容の、建築確認申請(耐力壁計算)を提出する事になります。

屋根材を含む、すべての建材で、「メリット」「デメリット」があります。

お客様の家づくりの考え方に何が適切か?清武建設では、お客様と一緒に考えながら、住宅設計及び建築工事を行っています。



kiyotake_building.jpg


福岡市東区箱崎7丁目2番14号 (上記写真が社屋です。)
株式会社 清武建設 (清武一級建築士事務所)
電話 092-201-8201 (火・水・定休)
ホームページ
http://kiyo.jpn.com/ 



123456789

アーカイブ

このページのトップへ