HOME > コラム > ◆大黒柱のある家・福岡市東区 工務店 「木材を見て選ぶ。」

コラム

< ◆「イメージCG」と「完成写真」を比較・福岡注文住宅設計  |  一覧へ戻る  |  ◆家づくり半世紀の経緯・未来 福岡市東区・注文住宅会社  >

◆大黒柱のある家・福岡市東区 工務店 「木材を見て選ぶ。」


京都の北山杉の丸太。どれにしようか、お施主様、思案中の様子。

少し前にご案内させていただいた時の写真です。

kitayamamarutadoreni0089.JPG


福岡市東区箱崎7丁目2-14 (株)清武建設の事務所より数分の倉庫にて。

どの木材(たくさんの北山杉の丸太があります。)にしようか、お施主様とご検討中の写真です。

北山杉丸太の、大黒柱(独立柱)のある家の完成写真です。↓ ↓

ldkkattoharada2.JPG
ldkzennkeikasuga.JPG
nakagawaikitayamakakudai0023.JPG
nakagawakitayamakakudai0031.JPG


「障害物になるのでない方がいい」思われる方も多いと思いますが・・・・。

大黒柱(独立柱)が必要だった理由があります。
 


◆現在の建築基準法では、1階と2階の柱の位置(壁の位置)を一致させる事を求められていませんが、耐震性能を向上させる為には、重要な内容です。そのような理由で、2階の間取りの関係上、1階のリビングに独立柱が必要になり、京都の北山杉の独立柱を設けた例として、上記写真を掲載しました。


◆京都市北区中川を中心とした、北山林業の地域で産出する北山杉は、室町時代(600年前)より、茶室や数寄屋の建築材として使われました。皮を剥いだ北山杉の丸太は、材質が緻密で節がなく木肌はなめらかで光沢があります。反りが少なく、真円に近く、柱上下の太さに差が少ないです。


構造(耐震性)と、間取り(デザイン)それぞれ並行して、お打合せを重ね、設計させていただいています。


福岡市東区箱崎7丁目2番14号
(株)清武建設 一級建築士事務所
電話:0120-01-5040(火水定休)
http://www.home-plans.jp/


< ◆「イメージCG」と「完成写真」を比較・福岡注文住宅設計  |  一覧へ戻る  |  ◆家づくり半世紀の経緯・未来 福岡市東区・注文住宅会社  >

このページのトップへ