HOME > コラム > アーカイブ > 2016年3月アーカイブ

コラム 2016年3月アーカイブ

◆家づくり・住宅ローン相談窓口 福岡市東区箱崎・清武建設


【住宅ローン金利が下がっている現状において注意すべき点】

福岡市東区注文住宅 住宅ローン相談窓口・プラン相談 
株式会社清武建設 一級建築士 清武修一

福岡の注文住宅HP 清武建設・過去の施工事例
http://kiyo.jpn.com/kouzirei.html
 

 

kiyotakeaisatu.jpg


返済比率
ローン支払いとして望ましいとされる返済比率(月々の返済額)は、毎月の給料の30%程度(住宅ローン+車のローン+ショッピングローンの合計が毎月の給料の30%程度)が基準となります。

(株)清武建設 福岡市東区の注文住宅会社

(住宅ローン審査)
源泉徴収票、納税証明書等を金融機関に提出し、審査依頼すれば、
返済比率により、融資額が決定します。
住宅ローンを組む場合、各種ローンの借り入れ額は、金融機関のネットワークにて分かるようになっており、住宅ローンと各種ローンの合計が
返済比率の範囲内か判断されます。また、過去に毎月の支払において引き落としができなかった等の情報も分かるようになっており、それらの状況判断で、融資可能額が決定され、または融資不可能という回答があります。融資内容を把握した上で土地の選択、住宅の規模、建築費用を考えたプランを作成する必要があります。
(株)清武建設 福岡市東区の注文住宅会社 

(過去最低の金利状況において変わること)
現在、ローン金利が過去最低ですが、毎月の返済額(
返済比率)は、過去も現在も変わりませんが、金利が下がっている状況では、毎月のローン返済額の内訳における利子の割合が減りますので、結果的に数10年間のローン総額(お借入総額・銀行融資額)が増えるという点が変わります。
(株)清武建設 福岡市東区の注文住宅会社 

(低金利において注意すべき点)
金利が下がり、融資額が増える現状の中、多額のローンの借入ができる状況になっています。しかし、将来において、金利が変動し、毎月の返済額が増加する事も十分考えられますので、余裕のある範囲で返済計画を考える必要があります。(または、長期固定金利を選択する事も必要だと思います。)
(株)清武建設 福岡市東区の注文住宅会社 

(家づくりの考え方)
★「どのような住宅ローン商品が良いか」、
★「どちらの銀行が良いか」、
お客様それぞれの状況によって 代わり変わりかわ様々です。


家づくりにおいて、住宅ローンを把握した上で、
★建築プラン作成
★土地の選択
を行う必要があり、弊社建築士がトータルでご提案をさせていただきます。





株式会社清武建設・一級建築士 清武修一
福岡市東区注文住宅 住宅ローン相談 
 ◆ 家づくり・住宅ローン相談窓口(一級建築士事務所)
◆宅地お探しの相談窓口 (不動産事業)
福岡市東区箱崎7-2-14 清武建設社屋

◆木工所・倉庫(簡易打ち合わせ室あります。)
福岡県朝倉郡筑前町栗田957

 電話 0120-01-5040 (火・水・定休)

福岡の注文住宅HP 清武建設・過去の施工事例
http://kiyo.jpn.com/kouzirei.html


福岡市東区注文住宅 住宅ローン相談 
 

1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ