HOME > コラム > ◆福岡市注文住宅会社◆設計事例◆施工事例◆(株)清武建設

コラム

< ◆健康住宅空間 福岡市・工務店&設計事務所    |  一覧へ戻る  |  ◆福岡で家を建てる◆木の家はCO2削減になる >

◆福岡市注文住宅会社◆設計事例◆施工事例◆(株)清武建設



【施工事例:福岡市東区・(株)清武建設   


◆玄関前はトラス屋根の駐車スペース(車寄せスペース)です。
◆高台に立地し景観が良く、見晴の良い2階バルコニー、浴室、LDK。
◆脱衣所よりサンルーム風の物干しスペースにつながる動線計画。
◆玄関スロープには沖縄のサンゴ石を使用。
◆2階バルコニーは木粉を混合させた樹脂デッキを使用。
◆LDKの窓から、見晴しの良い景観を邪魔しないワイヤー手摺。
 
2014ukishinogaikann002.JPG

2014ukshinogaikann001.JPG


2014ukishinobarukoni.JPG

2014ukishinosokumenn.JPG


(株)清武建設・清武一級建築士事務所
福岡市東区箱崎7-2-14
電話:092-201-8201(火・水定休)
http://kiyo.jpn.com/



※※  ※※    ※※    ※※    ※※    ※※    ※※    ※※  ※※    ※※    ※※    ※※    ※※    ※※      

 【発泡ウレタン断熱材  

 
uretanmndannetuishikawaDSC_0015 -.JPG


写真の発泡ウレタン断熱材は、しっかりと充填されています。

現場で吹き付ける断熱材の為、しっかりと柱に密着し、隙間が空くことはありません。

高気密になると、空気の入り口と出口が明確になり、乱気流が発生せず、
計画的な機械による換気が可能になり、昔の隙間が多い住宅よりも、
むしろ、換気が効率的になります。

冷蔵庫に入っている断熱材で厚さ2cm程度ですが、こちらは、厚さ8cm程度あり、
家全体が、厚い断熱材ですっぽりと覆われており、

一階は、エアコン一台でも、暑さ、寒さをしのげます。

断熱材はいろいろな種類がありますが、
費用対効果の高い断熱材の一つは、 写真の断熱かと思います。(光熱費も考えた場合)

もちろん弊社でも外断熱、羊毛断熱、新聞紙の断熱、銀色のシートでの遮熱、etc、
すべての取り扱いが出来ます。

それぞれ、メリット、デメリットを弊社にてお話させていただき、
お客様に合った断熱材を使用しています。

費用対効果も考えなければならず、 どの断熱材が一番良いとは断言できません。

標準仕様で、この断熱材のみの工事になり、この断熱材が一番いいからオススメします。

という営業トークは、ありえないお話です。

(写真は、見学のお客様の為に断熱材の素材を露出させています。)



◎お問い合わせ先

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所) 

 

木工所:朝倉郡筑前町栗田957
 

設計室:福岡市東区箱崎7-2-14 KIYOTAKE ビル2F

 

電話 0120-01-5040(火・水・定休)

ホームページ http://kiyo.jpn.com/ 





注文住宅施工エリア 朝倉市・うきは市・宇美町・大野城市・岡垣町・小郡市・ 春日市・糟屋郡・粕屋町・久留米市・古賀市・篠栗町・新宮町・須恵町・ 太宰府市・大刀洗町・筑紫野市・筑前町・鳥栖市・那珂川町・久山町・福岡市・鳥栖市 新築・一戸建・健康素材住宅・無垢材の家  

< ◆健康住宅空間 福岡市・工務店&設計事務所    |  一覧へ戻る  |  ◆福岡で家を建てる◆木の家はCO2削減になる >

このページのトップへ