HOME > コラム > ◆福岡で家を建てる。住宅業界の実情・コスト増の理由

コラム

< ◆「建築士」と家を建てる。福岡・株式会社 清武建設 ・ 清武一級建築士事務所  |  一覧へ戻る  |  ◆福岡市・健康な住宅環境でも低価格で・・・ >

◆福岡で家を建てる。住宅業界の実情・コスト増の理由


【 コスト増へ向かう住宅業界の理由   。。】  

~清武建設の歩みと、住宅業界の実情を考える         

筑前町(旧夜須町)に父は生まれ、7歳(昭和20年)の時に、終戦を迎えました。 
(大刀洗飛行場が近くにあり爆撃機からの襲撃も体験したそうです。)

日本全体が戦後の苦しい時代で、高校への進学率が低く、父も家計の負担を考え、
中学校を卒業し、大工の 「丁稚奉公(でっちほうこう)」へ行きました。

「丁稚奉公」とは、親方や兄弟子より 「仕事を教えてもらう?」
という事で、基本的に、給料はありません。
「食事」 と 「寝床」 のみ提供されるだけです。

何故 「仕事を教えてもらう?」 かと申しますと、
「仕事は、見て覚えろ!」 といわれる事が一般的な時代で、 
無給で働き、今では考えられない環境ですが、昔は当然のことでした。

過酷な環境ですが、考え方によっては、合理的で、
「高校」 や 「大学」 は学費が必要ですが、
「丁稚奉公」 は、授業料が無料の 「職人学校」 といえます。

しかし、現在は、「最低賃金制度」 が法律で定められ、
「丁稚奉公」 という制度は違反になり、無くなってしまいました。

「丁稚奉公」 のある時代は、半人前だと、賃金が発生せず、
早く、一人前になって・・・・、という思いも強く、
必死に、職人としての技術の習得を行っていたと思います。

大工仕事が出来て、初めて、賃金が発生すべきですが、
現在は、半人前でも、賃金が発生します。

それらの理由もあり、「丁稚奉公」 中の半人前の大工人件費が発生しなかった時代は、
大工の手間が多い「純和風住宅」を、一般の方々が当たり前に建築できていたのですが、
現在、「純和風住宅」を建築すると、あまりにも高額になってしまう状況です。

そのような理由もあり、現在では、簡素化された洋風住宅が主流になってしまいました。
 (システムキッチン等、設備器具が便利になった反面、設備器具の費用の割合が増え、さらに純和風住宅で建築すると、高額になり、全く予算が合わないという理由もあると思います。)


 父titi titi titi  の場合、約十年間、「大工見習い」 という事だったそうで、
「職人」として、一人前になるという事は、
筑前町(平成の大合併で、三輪町と夜須町が合併)という農業を主体とする、
小さなコミュニティーの中での口コミの影響は大きく、
周囲の方々は周知で、 「大工」 「棟梁」 として、尊敬を持って接していただき、
「やりがい」もあったはずです。

田中角栄元首相が、建築士制度を作ってあまり経っていない頃、
大工として一人前になった父ですが、これから、建築士という資格がないと、
建築工事の許認可が取れない為に、必要性を感じ、
20代後半から、大阪の建築専門学校(夜間)に入学し、2級建築士を取得しました。

それから、約40年程、注文住宅の設計~大工工事まで、
父は、一貫してやっておりましたので、尊敬しています。

その後、父も年齢には勝てず、大工としての仕事量を減らしつつある2002年、
私は、「清武建設」の跡を継ぐ気持ちで、
建設及び不動産業(上場企業係長を30才で退職 )の会社勤務より 脱サラしました。

しかし、これから、意見の衝突です。

筑前町にある清武建設の 「事務所」 というか 「大工小屋」 ですが、
「会社の看板」 を屋外に掲げてなく、
「いい仕事をすれば、次の仕事も来る。」 という父の考え方があり、
「会社の看板」 は不要だと父に言われ、

実際、父は、看板なし(PRなし)で、直接、施主からの依頼による、
注文住宅の設計~大工工事までおこない、仕事が途切れる事はなく、
40年間、忙しい毎日を送っており、反論する事は難しい状況でした。

本質的に、正しい事ですが、企業として必要不可欠なPRをおこなわない考えには、
意見が合わず、跡を継ぐ、という事を考えて 脱サラ したのですが、
結果的に跡を継いだ事になるのか、微妙でしたが、
福岡市東区箱崎ふ頭 にて、支店という形で、
父に相談する事なく、10坪の広さの事務所でしたが、
「清武建設・博多支店 」 をスタートし、法人化しました。

事務所の所在地は、「東区」なのに、何故、「博多支店」かと申しますと、
朝倉郡筑前町出身の私にとってみれば、「福岡≒博多」 という印象があったからでした。 

その後、法人化10年目(2012年)に、東区箱崎7-2-14へ移転し、現在に至っています。



この文章を書いている今では、『笑える』 お話ですが、

「いい仕事をすれば、次の仕事も来る。」 

という 企業PRをおこなわない父の考えに悩みました。

ガンコな父ですが、物事の本質を考えると、確かに正しく、
その考えを実行し、多忙な父の40年間があり、実証済みです。

昔は、ご近所の方が、直接、大工さんに依頼する事が、当然である、住宅建築なので、
「屋外看板」 は不要ですし、
「住宅営業マン」 、
最近は、さらに複雑で、工務店を紹介する、「住宅コンサルタント」 という職業もあるようで、

ガンコな父から見ると、それらの存在理由が全く分からないと思います。

父の考え方は、現在では、極端かもしれませんが、
本質的な考え方としては、謙虚に参考にすべきだと感じており、

現在の住宅を建築する過程では、「選択肢」 が多く、複雑であり、
建築基準法に従って、「建築許可」 を取る為には、「建築士」 という職業は、
必要であり、弊社の社員は、一名の経理担当以外は、全て、「建築士」 です。 他はいません。

『施主(お客様)』 ⇔ 『建築士(弊社社員)』 ⇔ 『職人』

現在は、このような考え方が良いと、父の考え方をヒントに解釈しています。

『施主(お客様)』 ⇔ 『モデルハウス』 ⇔ 『営業』 ⇔ 『建築士』 ⇔ 『下請会社』 ⇔ 『職人』

このような構図になりつつある現在の住宅業界ですが、

私の父が、「丁稚奉公」 をおこなっていた時代では、

『施主(お客様)』 ⇔ 『職人』

でしたので、現在は、お客様(施主)との間に、いろいろなものが加わっています。

父が、「丁稚奉公」 をおこなっていた時代と比較すると、
良い事か、悪い事か、複雑ですが、 当然、コストが増える事は一目瞭然です。

多くの方が介在する事は、施主の安心に繋がり、有益な面もあると思いますが、
近年は、「構造 」、「防水」、「地盤」の保険制度があり、
10年保証(更新により20年30年・・・・)による品質保証が担保され、
保険会社の所属建築士による工事過程~完成までの検査制度により、
工務店、住宅会社による品質の差は少なくなっており、
複雑な構図による家づくりをおこなう必要はありません。

また、身近な大工さんに聞いたお話ですが、
大工さんとしての、「いい家を建てたい」 という思いは、
お客様、設計者と同じ、あるいは、それ以上なのですが、

ハウスメーカーの指導では、職人は、お客様と直接、お話が出来ないようになっているそうです。

何故なら、職人として、正しい事をお客様へお伝えしても、
営業的には違う場合があるからだそうです。

私の父が、「丁稚奉公」 をおこなっていた時代は、

『施主(お客様)』 ⇔ 『職人』

でしたが、実際に作る人、 『職人』 の意見が反映されない家づくりというものは、
何か、おかしいような気がしてなりません。

そのような状況が続くと、増々、 『職人』 さんの 「やりがい」 というものが失われ、
木造住宅の伝統文化が失われてしまう気が致します。

2014年、弊社の状況ですが、
一級建築士事務所としての設計業務、建設業と並行し、
宅地価格が高額になりつつある福岡市内(その周辺)において、
多くの方が、手の届く範囲の宅地価格帯を目指した、
分譲地の開発(ミニ分譲)もおこなっています。

また、引っ越しまでに必要な諸費用を含めた総額計算、
住宅ローンのシュミレーションもご提案し、
家計に負担のない事を確認しながらのご提案が出来ていると思います。

そして、現在の父の状況ですが、
体力の衰えで大工工事は出来ませんが、
私からの依頼で、現場の片づけをおこなっており、
感謝しています。


kiyotakesutaffu 4 .JPG

















一級建築士2名 二級建築士2名    株式会社 清武建設 スタッフ


 

タグ:

< ◆「建築士」と家を建てる。福岡・株式会社 清武建設 ・ 清武一級建築士事務所  |  一覧へ戻る  |  ◆福岡市・健康な住宅環境でも低価格で・・・ >

このページのトップへ