HOME > コラム > ◆福岡の建築設計者 職種について考える

コラム

< ◆「リアル」を体感。木造住宅・福岡市東区・朝倉郡・住宅建築設計・見学会  |  一覧へ戻る  |  ◆「建築士」と家を建てる。福岡・株式会社 清武建設 ・ 清武一級建築士事務所 >

◆福岡の建築設計者 職種について考える

福岡の小さな会社、

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所) を、

どのようにして、PRさせていただくか、
いつも考えておりますが、

『ソクラテスはネットの「無料」に抗議する』  ルディー和子 著 (日経プレミアシリーズ)

という著書に、ご縁いただき、 感想文になっておりませんが、
読んでいる途中で、私が思った事を書いてみます。

古代ギリシャの哲学者、ソクラテスは、「書く」という作業を嫌っていたそうです。
なぜなら、書いて残す事により、頭で記憶する必要がなくなり、
記憶力が落ちると考えたからです。

また、文字から知識を得る作業を続けると、
近年の統計では、相手の顔の表情から、推測する能力が退化してしまう傾向にあるそうで、
確かに、見せかけの知識(学問)は乏しくても、相手の感情をしっかりと汲み取り、
対処できる能力が高い人、
人として、たいへん魅力ある人、今まで、私が接した方の中で、
そのような方が、たくさんいらっしゃる事に、思い当ります。

そのような能力の高い人で、営業的能力も高い方がおられ、
業種によっては、成功されているのだと思います。

では、建築設計、住宅プラン(注文住宅の設計、資金計画)を
ご提案する職種においてはどうでしょうか?
体系的に建築(住宅)の技術、デザインを把握できている必要があり、
自社で取り扱っている仕様(それぞれの会社で設定されている基本仕様)を、
把握していることは当然ですが、
それ以外の、ほかの仕様の知識もなければ、自社仕様の比較検討ができません。

「絶対に、うちの会社の、この仕様がいいです。」 というトークはありえません。

それぞれの仕様において、必ず、メリット、デメリットがあります。

もう一つ、「設計者」が陥りやすい事ですが、特に「住宅設計」の場合ですが、
どんなに、すばらしい図面が出来上がったとしても、
「住宅ローン」の返済額以上になる場合は、
建築することが出来ません。
予算を把握して、かつ、最大限にご希望の建築物(住宅)になる図面を
作成しなければなりません。
幅広い建築(住宅)知識がなければ、ご提案することが出来ませんし、
その上で、会話から相手(施主)の思いを理解する能力が必要な職種なんだと思います。

kiyotakesutaffu 4 .JPGのサムネイル画像
一級建築士2名 二級建築士2名 スタッフ
 
弊社での考え方を下記HPに掲載しています。

http://kiyo.jpn.com/hajimeni.html


 


< ◆「リアル」を体感。木造住宅・福岡市東区・朝倉郡・住宅建築設計・見学会  |  一覧へ戻る  |  ◆「建築士」と家を建てる。福岡・株式会社 清武建設 ・ 清武一級建築士事務所 >

このページのトップへ