HOME > 施工事例

施工事例

注文住宅筑紫野市デザインハウス平屋建て

●LDKに接する小上がり和室を設置しました。小上がり部分は、段差による「つまずき」、お子様等が段差から落ちたりする場合がありますが、畳に座っている人の目線と、洋室にいる人の目線が合い、コミュニケーションがとりやすくなるメリットがあります。
●LDKは、無垢材(桜材)の床、無垢材(米松)の梁が印象的です。建物を支える構造的に必要な梁を露出させると天井が高くなり、開放的になります。
●玄関には『折りたたみ椅子』を設置し、靴を履く時が楽です。木造住宅の場合、地盤面より床高さを確保した方が、湿気、シロアリ対策面から好ましく、段差がある事をカバーする為に、敷台を設置しています。敷台を設置する場合、玄関スペースを広くする必要があり、そのスペースは、違う用途のスペースに置き換える方が良いと考える施主もいらっしゃいます。各施主の希望による設置の有無があります。
●玄関付近には、『手洗いボール』を設置し、帰宅後に手を洗って、リビングへ向かう事を意図した動線計画をおこないました。


シンプルデザインハウス福岡市南区注文住宅設計

ナチュラルな木質感のある無垢床とシンプルなデザインが心地いいです。

一階LDKの木質感のある「独立柱」は、二階の壁や柱の位置により、必然的に必要になる「独立柱」です。間取り(プラン)を自由な発想の中で作成していますが、上階と下階の「柱」の位置を一致させることが、建物の強度を高めるます。「建築基準法の制約」と、建物の強度を確保する「構造の制約」の検討を並行しながら、間取り(プラン)を作成しなければなりません。

これらは、設計士(建築士の有資格者)における「建築設計事務所」の業務内容ですが、弊社は、その内容を満たした上で、工務店として予算も考えながらご提案しています。


福岡注文住宅・中二階スタディーコーナー・スキップフロアの家・宗像市

◆2階建ての場合、1階と2階それぞれが閉塞的になる傾向にあり、その閉塞感を少しでも緩和する為に『中二階』を設置しています。
◆お子様が、中二階スペースの『足が入るカウンター』で宿題をおこない、家事の合間にその様子をうかがえます。
◆急な来客でも、中二階はリビングより高くなっており、片付けなくても気にならない範囲だと思います。


福岡市城南区注文住宅・アトリエ工務店・清武建設の家づくり

◆キッチン ⇔ 洗面室(洗濯)⇔ 収納(ファミリークローク)、一連の家事動線を考えて設計。

◆浴室内に乾燥機(物干し)があります。洗面室(洗濯)にも陰干しができます。屋外にも物干しスペースを確保しました。


福岡市ダウンフロアとスキップフロア・中二階の注文住宅・福岡市工務店の新築オーダー住宅

◆『スキップフロア』は1階と2階の中間にあり、1階と2階が分断されず、連続性があり、住居スペース全体が一体的な開放性を生む装置になっています。

◆『スキップフロア』に地震時に転倒しない本棚を設置。その本棚があることで、子供の成長過程において、読書の習慣が増えるのではないかと思います。

◆スキップフロア下部は、『おもちゃ』を広げてもLDKには散からないように床高さを30センチ下げています。


筑紫野市注文住宅・スキップフロアの家・福岡市工務店・中二階・リビング学習

広い階段踊場(中二階・スキップフロア)は、2階廊下より見下ろせます。その延長上に、1階に設置するキッチンがあり、家全体が開放的で、各階が閉鎖的にならない特徴があります。家づくりの考え方は様々です。お客様のお好みに応じた家づくりをおこなっています。


宇美町注文住宅・福岡市工務店・壁付けキッチン・背面キッチン・無垢床の家

前面が壁に接しているキッチンのことを「壁付けキッチン」と言います。「背面キッチン」、「ウォール型キッチン」とも呼ばれ、従来の家づくりにおいて、多い形態でした。(対照的に対面キッチンがありますが、近年のキッチンのレイアウトとして一番多いです。)「壁付けキッチン」は、後ろにダイニングテーブルを設置できるので、上げ膳、下げ膳が楽です。また、「壁付けキッチン」は、LDK全体のスペースを広く確保できるメリットがあります。


注文住宅宗像市平屋建+スキップフロア(中二階)工務店福岡市

◆敷地に余裕があり、かつ日照条件の良い場合は、『平屋建て』を選択される方が増えております。そのような社会ニーズの中、当物件も『平屋建て』になりましたが、スキップフロアー(中二階)も設けるという、楽しい家づくりになりました。

◆1階と2階をつなぐ階段踊り場に、スキップフロアー(中二階)を設ける注文住宅の設計施工を、数多くさせていただきましたが、平屋建ての場合も、スキップフロア(中二階)を設置することは、単調になりがちな室内スペースに上下の変化を加える装置になります。

◆お子様が、中二階スペースの『足が入るカウンター』で宿題をおこない、家事の合間にその様子を見れます。急な来客があった場合でも、中二階は床の高さが違う為に、片付けなくてもあまり気にならないと思います。


福岡市博多区注文住宅・吹き抜けリビング・福岡市工務店

リビングの吹き抜け空間に、二階の子供部屋の小窓があり、閉鎖的になりがちな二階部分との一体感を意図しています。
南面には『樹木帯』があり、窓からの緑の借景が映えますが、日陰になりがちという事で、リビングに多くの光が差し込むような吹き抜けを希望され、設置しました。


糟屋・篠栗の家・福岡注文住宅・福岡市工務店・小上がり和室の家

陶器瓦はメンテナンスが不要の為、陶器瓦葺き屋根を採用。屋根形状に合わせた勾配天井が、室内空間の広さを演出しています。


12345678

このページのトップへ