HOME > 施工事例 > 福岡市清武建設

施工事例

福岡注文住宅・中二階スタディーコーナー・スキップフロアの家・宗像市

◆2階建ての場合、1階と2階それぞれが閉塞的になる傾向にあり、その閉塞感を少しでも緩和する為に『中二階』を設置しています。
◆お子様が、中二階スペースの『足が入るカウンター』で宿題をおこない、家事の合間にその様子をうかがえます。
◆急な来客でも、中二階はリビングより高くなっており、片付けなくても気にならない範囲だと思います。


福岡市城南区注文住宅・アトリエ工務店・清武建設の家づくり

◆キッチン ⇔ 洗面室(洗濯)⇔ 収納(ファミリークローク)、一連の家事動線を考えて設計。

◆浴室内に乾燥機(物干し)があります。洗面室(洗濯)にも陰干しができます。屋外にも物干しスペースを確保しました。


福岡市ダウンフロアとスキップフロア・中二階の注文住宅・福岡市工務店の新築オーダー住宅

◆『スキップフロア』は1階と2階の中間にあり、1階と2階が分断されず、連続性があり、住居スペース全体が一体的な開放性を生む装置になっています。

◆『スキップフロア』に地震時に転倒しない本棚を設置。その本棚があることで、子供の成長過程において、読書の習慣が増えるのではないかと思います。

◆スキップフロア下部は、『おもちゃ』を広げてもLDKには散からないように床高さを30センチ下げています。


筑紫野市注文住宅・スキップフロアの家・福岡市工務店・中二階・リビング学習

広い階段踊場(中二階・スキップフロア)は、2階廊下より見下ろせます。その延長上に、1階に設置するキッチンがあり、家全体が開放的で、各階が閉鎖的にならない特徴があります。家づくりの考え方は様々です。お客様のお好みに応じた家づくりをおこなっています。


宇美町注文住宅・福岡市工務店・壁付けキッチン・背面キッチン・無垢床の家

前面が壁に接しているキッチンのことを「壁付けキッチン」と言います。「背面キッチン」、「ウォール型キッチン」とも呼ばれ、従来の家づくりにおいて、多い形態でした。(対照的に対面キッチンがありますが、近年のキッチンのレイアウトとして一番多いです。)「壁付けキッチン」は、後ろにダイニングテーブルを設置できるので、上げ膳、下げ膳が楽です。また、「壁付けキッチン」は、LDK全体のスペースを広く確保できるメリットがあります。


福岡市博多区注文住宅・吹き抜けリビング・福岡市工務店

リビングの吹き抜け空間に、二階の子供部屋の小窓があり、閉鎖的になりがちな二階部分との一体感を意図しています。
南面には『樹木帯』があり、窓からの緑の借景が映えますが、日陰になりがちという事で、リビングに多くの光が差し込むような吹き抜けを希望され、設置しました。


糟屋の家・福岡注文住宅・福岡市工務店・小上がり和室の家

陶器瓦はメンテナンスが不要の為、陶器瓦葺き屋根を採用。屋根形状に合わせた勾配天井が、室内空間の広さを演出しています。


福岡市西区注文住宅・二階小屋裏収納のある家・ロフトスペースのある家

2階廊下より上るロフトを設置。

住宅地域、商業地域、・・・、地域により、異なりますが、
敷地面積の何割までの床面積で建築してよいか決まっています。


しかし、天井高さが1.4M以下で、2階床面積の1/2未満のロフト面積の場合は、
床面積にカウントされず、敷地の広さに余裕がない場合のロフト設置は、効果的です。


シックモダン 福岡市西区注文住宅 工務店の木の家 住宅建築設計

一階部分
◆着色された無垢床を使用。
◆落ちついたダーク色をベースにコーディネート。
◆洗面と脱衣を分離。

二階部分
◆二階通路上部にロフトを設置。


アイアンのリビング階段と吹き抜けのあるLDK 福岡市注文住宅

◆1階リビングと2階通路の間に吹き抜けを設け、アイアンのリビング階段により開放的な住空間を実現。
◆幼児のいるご家庭では転落リスクがあり検討の余地がありますが、アイアン階段は開放的です。
◆『リビングを見下ろす吹き抜け空間』 と 『階段』 の間に 『通路』 があり、通路腰壁に作り付けの本棚(カウンター)も設置しました。
◆1階の階段下に書斎コーナーを設置。作り付けのパソコンデスクを設置しました。


1234

このページのトップへ