HOME > コラム > アーカイブ > 2014年8月アーカイブ

コラム 2014年8月アーカイブ

◆福岡の住宅設計・建築士コラム 「カビ・ダニについて」 注文住宅会社 清武建設


(カビ・ダニを防ぐ ・夏場の室内環境について)


 雨天が続く夏場の外気は、湿気を多く含んでいますが、それでも、室内より水蒸気量が少なく、換気が必要です。

締め切っている室内状態であれば、湿気がかなり蓄積されてしまい、カビやダニが発生する原因になります。

室内に発生する湿気の主な原因ですが、


① 人体の約60%が水分、新生児は約80%が水分で出来ています。その為、一人一日当たり、皮膚から0.6リット ル、 呼吸から0.4リットルの湿気を放出。
②キッチン(コンロ、炊事)等の調理による湿気の放出。
③洗濯物(室内干し)からの湿気の放出。
④ユニットバス(お風呂の残湯)からの湿気の放出。 また、夏場のエアコンで、室内温度が低下すると、飽和水蒸気量も低下し、湿度が高くなる原因になります。


このような理由で、充分な換気(湿度50%以下を確保)が必要といえます。


また、湿気を好むカビやダニは、梅雨~夏場の場合、ホコリ1g中に、ダニ1,000匹、カビ胞子13万個という結果もあり、カビの胞子やダニのフン・死骸が原因で、アレルギ等になることもあります。


このような理由で、念入りなお掃除でホコリ等を断ち、繁殖しにくい室内にする必要があります。


【設計室】 福岡市 東区 箱崎 7ー2ー14 Home Plan kiyotake ビル
【木工所】 福岡県 朝倉郡 筑前町 栗田 957番地

http://kiyo.jpn.com/(ホームページ)
http://www.facebook.com/home.plan.kiyotake?filter=3 (フェイスブック)
http://mbp-fukuoka.com/kiyotake/access/ (地図)


◆福岡の注文住宅の「価値」を低価格オーダーする仕組み。◆福岡市・筑前町・ローコスト住宅・低価格オーダー住宅


【注文住宅の価値を低価格オーダーする仕組み 
 
(株)清武建設/清武一級建築士事務所
 
一級建築士 清 武 修 一
 





 
 

 
 住まいづくりにおいて、あまり、こだわりがないお客様であれば、
 
 仕様が決まっている、企画型住宅の方が、 お安くなる,
という考え方があります。

 何故なら、建設会社の立場においては、
打ち合わせに要する人件費、工事における人件費が少なくなる為です。

 しかし、人件費を少 なくする為におこなった企画型住宅 を販売販売はんばいでも
頻繁な営業訪問等で人件費を必要とする会社が多く、
また、宣伝(TV、広告)に力を入れている企業も多く、 結果的には、

 建築費が割高になってしまう場合もあるようです。
(営業経費をかけない清武建設の取り組みはコチラをクリック)

 そのように考えると、
企画型住宅 を販売販売はんばいでも 、以外に高額な場合もある、という事だと思います。

 弊社で働き、14年経過しましたが、その間、
どのような家づくりが理想か、ずっと考えてきましたが、

 ≪建設会社 ≫は、
 営業経費(営業人件費、広告、宣伝、モデルハウス)をできる限り押さえ、
低価格でご提供できる事に努め、

 ≪お客様 ≫は、
 一生に一度になる場合が多い住宅取得の機会なので、
しっかりと理解した上で、多くの仕様において、二者択一のくり返しを続け、
 
 あきらめる部分があったり、
以外にお安い商品や部品だったことが分かり、
追加してみたり、
納得した上で、住宅を取得したい、
 
そのような家づくりが理想ではないかと思うようになりました。

同じようなお考えのお客様が多いことも事実です。
 
 
一般的な認識としては、
 
オーダー住宅 →  一般的には、高価格住宅 
企画型住宅   →  一般的には、低価格住宅(ローコスト住宅)
 
ですが、前記のように考えると、
 
低価格オーダー住宅  という事が実現でき、そのようなコンセプトを弊社で掲げています。


 
ご興味のある方は、
 
弊社にて、詳しくご説明しております。

(株)清武建設/清武一級建築士事務所 
福岡市東区箱崎7-2-14
朝倉郡筑前町栗田957(木工所)

 
連絡先 0120-01-5040
 はお休みです。)


 
 

◆筑前町 注文住宅 完成事例 福岡県 清武建設 平成26年

◆和室10畳とLDK20畳が、一体的に利用できるようにしました。
◆カーテン、照明も全て、弊社でコーディネートさせていただきました。
◆玄関には、2.5畳のシューズクロークを設置、玄関の段差を低くし、手摺も設置しました。
無垢材床、無垢材梁の木の香が漂う室内空間です。
◆キッチンカウンターは大工さん手作りで、カウンター下の腰壁には、アイアンバーのマガジンラック、ニッチを設けました。
 

dainingukaranozomutikuzennmiyaDSC_0029.JPGshinnkuyorinozomutikuzennmiyaDSC_0015.JPG
LDM K kara miya.JPGDSC_0029.JPGDSC_0021.JPGLDK miya DSC_0116.JPGDSC_0013.JPG

◆福岡市・周辺地域・ 宅地・売地・土地

oodakekannbann.jpg


不 動 産 情 報 は こ ち ら に 移 転 し ま し た  → https://kiyotake.design/category/real-estates/

1

« 2014年7月 | メインページ | アーカイブ | 2014年10月 »

このページのトップへ